外貨両替がきっかけで...

以前、アメリカへ海外旅行へ行ったとき、出発の一週間ほど前に銀行にて日本円からアメリカドルへ外貨両替をしました。その日たまたま、ここ1ヶ月くらいの中では円安で、自分がざっくりと計算していたより多くのドルを受け取ることができました。

 

その後、予定通りアメリカへ旅行へ行き、帰国後しばらく経ってふと、旅行の時のドルがまだ残っていたことを思い出し、特にレートなども確認せず銀行へまた両替へ行きました。すると、出発前の円からドルへの両替の時よりもかなり円高になっており、少し得することができました。もう少しこまめにニュースなどでチェックしていればもっと高いときに換えられたかな、とも思いましたが...。

 

その外貨両替がきっかけで、外貨預金をしてみようかという考えがわいてきました。その後ごくわずかな金額ではありますが、外貨預金を始め今ではレートをチェックするのが楽しみになりました。

 

外貨両替のレートをチェックしてみたい方はこちら

円安になりはじめた時に一部外貨両替しました

海外旅行が趣味の一つである私は、2012年末ごろから全体的な円安傾向にふれはじめた頃、手持ちの現金をいくらか、米ドルに両替してみようと思い立ちました。

 

その時点では米ドル圏に行く予定はなかったのですが、またいつの日かなら、じゅうぶんに行く可能性もあるし、もしそうでなくても、円がもっと安くなってから日本国内で再両替すればいいと思ったからです。

 

1ドル95円の頃に、銀行で30万円ほど、米ドルに両替。(そのほか実際に使う予定でユーロにも替えました)
なぜ76円の頃にもっと替えておかなかったのかと思ってしまいましたが、

 

それでももっと円安になるだろうと思ったので…。

 

その後一時円高傾向になる時もありましたが、今や1ドルはついに100円を突破してしまいました。海外旅行という観点だけからだと残念でならないですが、あの時少しでも両替しておいてよかったなと思います。